トランクルームを1日だけ利用することは出来ない?注意点を解説

HOW TO トランクルーム
2019.09.28

荷物を一時的に保管したりあずけたりと何かと使い勝手のいいトランクルームですが、1日だけ使用したいと考えている方は少なくないかもしれません。
誠に恐れ入りますが、トランクルームは1日だけでは利用出来ません。最低1ヶ月分の賃料が発生してしまいます。
この記事ではトランクルームの1日利用における情報を具体的にまとめています。

 

初期費用と賃料が1ヶ月分かかって良ければ、1日利用もできる。

トランクルーム 料金
 
トランクルームを1日だけ利用したいと考えている方は少なくないと思います。
ここでは1日利用について具体的に解説していきます。

 

最低契約期間に注意

トランクルームは出し入れ自由なので、契約期間の内、1日だけ使うことは出来ます。
しかし、ほとんどの物件では「最低契約期間」が設けられているため、同期間中は月々の料金を支払う必要があります。

たとえば、最低契約期間が1ヶ月の場合、1ヶ月分の料金を支払わなければなりません。
つまり、契約さえすれば期間内の1日のみ利用することはできるものの、1ヶ月分の料金、そして初期費用はかかるので注意が必要です。

 

短期利用はどんな人が使う?活用事例をご紹介。

短期利用 トランクルーム
初期費用や賃料を払ってでも、 1日だけ利用したと考えている方の多くは、どのような目的で利用するのでしょうか。
ここでは1日だけ利用する人の傾向についてまとめています。

 

引越し

引っ越し トランクルーム
 
引っ越しの際に、退去日と入居日が上手く調整出来なかったため、退去日と入居日の間が数日あいてしまうということがあります。
そんなときに有効なのがトランクルームです。
入居日までの間、置き場所がない荷物を預けることができます。

 

在庫商品の保管

在庫管理 トランクルーム
 
たとえば、商品を1日だけ保管しておきたいという場合でも、トランクルームを有効活用できます。
自宅や作業場などでは保管できない場合、十分なスペースを確保できるトランクルームがおすすめです。

 

フリマアプリ / ネットオークション出品前の一時保管

フリマ 一時保管
不用品をメルカリなどフリマアプリや、ヤフオクなどネットオークションなどに出品するケースは珍しくないと思います。
すぐにでも部屋をスッキリさせたい方にとって出品中は邪魔になりますので、落札されるまでの期間、もしくは落札が決まっていて1日だけ保管したい場合などにトランクルームは有効と言えます。

 

1日利用の際に注意すべきポイント

ポイント

トランクルームの1日利用は可能ですが、注意すべきポイントがいくつかあります。
ここでは1日利用の際に注意すべきポイントについてまとめています。

 

即日利用できるかチェック

1日だけ利用するためには、即日利用できるかどうかのチェックが必須です。
現在、即日利用に対応しているトランクルームは珍しくないので、様々な物件を比較してスムーズな契約ができるようにすると良いでしょう。
※収納ピットでも 9月からカード決済が出来、最短半日で契約出来るようになりました。

 

1日利用にかかる費用と内訳

費用と内訳

トランクルームの1日利用を希望する方の中には、1日だけだから安くなるとお考えの方もいるかもしれません。
ここでは1日利用にかかる費用と内訳について解説していきます。

 

残念ながら日割り計算はできない

結論から申しますと、1日利用だから安くなるということはありません。
なぜなら、ほとんどのトランクルームは日割り計算ができません。つまり、契約上で定められた期間内の料金と初期費用の支払いが必要になります。

 

最低契約期間で支払う必要のある費用の目安

最低契約期間で支払う必要のある費用の目安としては以下のとおりです。

<最低契約期間が1ヶ月の場合>
利用料:1ヶ月分の利用料
保証料:1ヶ月分の賃料の半額
事務手数料:最低8.640円、若しくは、1ヶ月分の賃料のどちらか

 

トランクルームの1日利用まとめ

トランクルーム 1日利用
トランクルームの1日利用に関してご理解いただけましたでしょうか?
上記の通り、1日での利用も可能ですが、最低契約期間が設けられているという点のみ注意が必要です。

最低契約期間内であれば、1日に限らず短期での利用も可能です。
もちろん、収納ピットでも1日のみの利用は可能なので、問い合わせください。

他の記事を探す

  1. HOW TO トランクルーム

    トランクルームって何に答える、
    HOW TO 記事。

  2. トランクルーム活用提案

    こんな使い方も出来る !?
    収納ピット社員がオススメする活用術。

  3. お客様インタビュー

    お客様はこんな使い方をしている。
    をインタビュー形式でご紹介。

PAGE TOP