トランクルームの広さと特徴|ピッタリサイズの選び方

HOW TO トランクルーム
2019.09.25
トランクルーム サイズ

トランクルームを借りるときに悩みがちなのが「トランクルームの広さ」ではないでしょうか。
0.3畳 ほどの簡易的な収納場所から、6畳以上の大きなスペースまでさまざまな広さがあります。今回は、トランクルームの広さを決める際のポイントを紹介します。

 

トランクルームの広さを決めるポイントは?

トランクルームを利用するときは、以下のポイントごとに分けて考えていくと良いでしょう。

 

収納する物の量で決める

収納量
 
まず、トランクルームに何をどの程度入れるか、収納する物の量を考えます。

ダンボールに入れた状態であれば、高さ2m(※収納ピットの場合)を活かして収納いただくことができるため、皆様が思っている以上にたくさん収納することが出来る。と言って頂けます。

ただし詰め込みっぱなしで放置すると、荷物が痛むリスクがあるので定期的に店舗へ行き、荷物の積み直しをするなどのメンテンスがオススメです。
使わない雑貨、食器類、DVDなどのコレクション品などは、だいたい箱がいくつ分になるかを考えます。その箱のサイズを測り、スペース内にいくつ収まるかを計算すると、実際に必要な広さがイメージできます。

一方で家電や家具のように、物を積みすぎない方が良いもの物ありますよね。その場合は広めのトランクルームにした方が良いかもしれません。
また、物によっては、狭いところに無理に詰め込んでしまうと、取り出したい ときに時間がかかってしまったり、崩れてくるおそれがあるものもあります。収納するものよって必要な広さを判断するようにしましょう。

 

棚やハンガーラックが置けるかをチェックする

ハンガーラック 収納
 
棚やハンガーラックをお使い頂き、高さ 2m を上手くご活用いただいているケースがあります。
簡易的な棚やハンガーラックを入れる場合は、事前に寸法をしっかりと測っておきましょう。
寸法をしっかり測らずに広さを決めてしまうと、契約後に寸法が合わず棚を買いなおしたり、トランクルームの大きさを変えなければならないということになりかねません。
寸法に合わせた部屋を選んだ方がお得になりますので、ぜひ事前にチェックして下さい。

 

契約後荷物が増えるか減るかで判断する

荷物が増えるか減るか
 
契約後にトランクルームに収納する荷物 が増えそうなのか、減りそうなのかも重要な判断軸です。
増える可能性が高いのであれば、余裕をもって広めのトランクルームを契約した方が良いでしょう。
また、トランクルーム内の荷物は、売ったり処分したりとさまざまな方法で減らすことができます。スペースに保管したあと少しずつ減らす予定があるなら、少し狭い部屋でも問題ありません。

 

実際にどれくらい収納できる?広さ別の目安をご紹介

それでは、トランクルームには実際どの程度の物が収納できるのでしょうか。

0.5畳・1.0畳・4.0畳のそれぞれについてみていきましょう。

 

0.5畳の広さ

トランクルーム 0.5畳
 
0.5畳は約90cm四方、洗濯機置場のようなスペースを想像するとわかりやすいでしょう。
 

物が置けるスペースは限られていますが、レンタルスペースの場合高さが2m程度あるので、下からダンボールを重ねていけば、20箱~30箱程度が収納できます。(ダンボールのサイズによっては20箱に満たない可能性もあります)

おすすめの収納物

・ダンボールに入る小物や雑貨類
・書籍類
・場所をとりすぎないスポーツ用品(細長いスキー板などが得意)

 

1.0畳の広さ

トランクルーム 1.0畳
 
1畳は1.62m²程度の広さのスペースを指します。ダンボールなら40個以上が収納できますが、トランクルームの部屋によって縦と横の比率が異なることに注意が必要です。
一人暮らしの家具 / 家電を収納することができるため、単身赴任から戻られた際の一時保管や、お子様の留学期間中などでご利用される方が多くいらっしゃいます。

 

おすすめの収納物

・書籍
・スポーツ用品
・野外で使う用具
・一人暮らし用の小型家具
・自転車(ロードバイク)

 

4.0畳の広さ

トランクルーム 4.0畳
4.0畳になると、180cm×360cm×高さ2mと、かなり大きなスペースになります。
ファミリー層が使うような大型の家具 / 家電なども置くことができるようになるため、リフォーム時の一時利用だったり、老人ホームへ入られる際の家財道具保管などにもご利用いただくケースがあります。

法人様が在庫保管などにご利用いただくこともあり、これらの大型サイズは非常に人気があります。
空きが少なくなる店舗が多いため自宅近くに空き店舗が無いケースも多くあるため、お近くの店舗が空いていればラッキーです。

 

おすすめの収納物

・ファミリー層が使う大型の家具 / 家電。
・法人様の在庫管理。

 

スペースを無駄なく活用するポイント

限られたスペースの中に効率よく収納するためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

 

ダンボール箱を活用する

ダンボール 収納
散らかりやすい小物はダンボール箱を活用しましょう。長期保管に耐えられる物はダンボールの中に隙間なく詰めるようにします。
ダンボールのサイズによってはスペースからはみ出してしまう可能性があるので、必ず寸法を確認し、いくつ並べられるか・重ねられるかを確認するようにしてください。

 

場所を取るものから入れていく


 
まずは、場所を取る大きなものから入れるようにしましょう。大きなものを入れた後に残ったスペースをどのように有効活用できるのかを考えるのです。
たとえば、ベッドなどの大型の家具を収納する場合は、まずはベッドを入れて、余ったスペース(ベッドの下など)に物を収納することで効率を上げることが出来ます。

 

まとめ:トランクルームサイズの決め方

トランクルーム サイズ

トランクルームの広さを決める時は収納する物の量や特徴から決めましょう。
実際に内見に行く前は、収納を予定している物をメモして行くべきです。内見した上でもどの広さにするか迷うようでしたら、スタッフの方と相談すると良いでしょう。
収納 ピットでも内見の際には、経験豊富なスタッフがご案内しますので、内見の際に迷ったら是非お声掛けください。

他の記事を探す

  1. HOW TO トランクルーム

    トランクルームって何に答える、
    HOW TO 記事。

  2. トランクルーム活用提案

    こんな使い方も出来る !?
    収納ピット社員がオススメする活用術。

  3. お客様インタビュー

    お客様はこんな使い方をしている。
    をインタビュー形式でご紹介。

PAGE TOP